knob’s Diary

2009.09.04 Friday

スポンサーサイト

Filed under:
  • -
- スポンサードリンク @ 2009.09.04 Friday Edit This

一定期間更新がないため広告を表示しています


2009.08.29 Saturday

2009衆議院選挙では民主党に投票しません。

Filed under: - knob @ 2009.08.29 Saturday 12:34 Edit This

前回の4年前は負けがハッキリしていたにもかかわらず、自民党にはいれませんでした。でも今回は民主党には入れません。なんか前回と同じようなこと言ってますけど(笑)。以下、8月上旬から、思いをまためた Text。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今回は民主党に入れません。やはり前回と同じく、自分なりに調べた結果、「後悔したくないから」。

今回、高木さんとこの「連合」が民主党支持で、会社の組合の回覧にもハッキリと民主党の議員名が書いてありますが、なぜ組合が薦める民主党に入れないのか?
(三○電機組合さんは、遅刻&欠席で査定に響くらしい......お疲れっす)

前回のコメントはあまりにも淡白だったので(笑)、補足しつつ4年後に向けてコメントを残すことにした。もし、以下に書いたことが当ったとすると今まで日本はなんとなく悪くなってきたなぁ、程度に思っていたものが、手に取るようにハッキリわかるようになると思う。



【民主党に入れない理由1】:小泉以降、大嫌いになった編集権乱発のマスゴミに異を唱えたい。

1. マスゴミを完全に掌握する方法は田中角栄手法(テレビ局と新聞社の統合系列化)の再来と考える。
2. マスゴミによる2007年の改正放送法(既存以外の参入可能)の無し崩しと、収益悪化による血税の投入を目論む節があること。
3. 民主党にはマスゴミ出身の候補者が多く、議員レベルで情報の封鎖や捏造の恐れを感じるし、実際4年前にやられたから。
例)小泉政権時の丸川珠代さん(朝日テレビ)とか中川さん他多数。当時テレビ朝日にいたっては、小泉を神のように扱っていた。

→ 例えば緒方竹虎のような元新聞記者で社長と対立(後に村山事件に発展)するような政治家なら許すが、
 そんな候補を見つけることができなかった。結局は、改正放送法から逃げたヘタレ立候補者で、保身的な人が多いと思われた。

そんなマスゴミとタイアップしたした民主党へ非常に嫌悪感を覚えており、結果的に投票できない


【民主党に入れない理由2】:関係者に嫌いな人が多いかな

1. 小沢さん:ご存知、田中角榮さんの弟子です。いわずもがな。
2. 田中真紀子さん:全然仕事してないし。この人の実績ってなんだろう。サッチャーさんには程遠く、漫談家を目指すべき(マジです)。ビートたけしが同じようなことをいってるし。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E7%9C%9E%E7%B4%80%E5%AD%90

3. 鳩山さん:党首討論及び党首間での対談を見てNGでした。例えば台本のない外交シーンでこの人は大丈夫なのかなと。
4. 自治労の支援者:この方たちが日本の悪の枢軸の一つではないでしょうか?
5. 輿石のオヤジ:明日にでも亡くなっていただきたい日教組の親分。鳩山政権では副首相のため。
6. 管さん:この人は政治家じゃなくて芸人向き(お遍路とか)。少なくとも実直な岡田さんと変わってほしい。

「沖ノ鳥島は岩」 中国、日本の大陸棚申請に反対
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090826/chn0908261035002-n1.htm

中国海軍艦艇が沖ノ鳥島近海で軍事演習
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090716/plc0907160128002-n1.htm

身勝手な行動をする諸外国に対し、鳩山内閣の人選(国防意識が弱い人)はありえないため、投票できない。

【民主党に入れない理由3】:政策・国会運営に対する不安(角栄政治の再来)

1. 党内に派閥がたくさんあり、鳩山さんでまとめきれるか不安。すなわち鳩山さんの器に大きな懸念。小泉〜麻生政権のように首相がコロコロ変わりそうな不安。
2. 小沢がかつての角栄のような役目をする恐れ。裏方に回り影の男になりそう(逮捕後も角栄の影響は20年くらい続いたからね)。

→細川内閣の時も田中真紀子が参戦。裏で角栄が指導していた当時と酷似。

3. 防衛がほぼ無策である。
4. 野党時代に悪法として名高い外国人参政権の法案提出回数は No.1
5. 同じく悪法として名高い人権擁護法案の提出回数も No.1
6. 永田町は壊せない。なぜなら支持者の自治労は殺せない。
7. 土壇場でマニフェストがころころ変わるのは、自信のない証拠だし、失礼。そんなマニフェストに対し、希望的観測では投票できない。
8. 前回大騒ぎした「郵政民営化」は効果がよくわからなかった。今回の大騒ぎしている「政権交代」もよくわからない。

政策がまともなのは自民と共産かな。
志井さんと麻生首相は好き嫌い関係なく、世間で言う程、言っていることは悪くないと思っています。

ここのWeb 魚拓をば
http://s02.megalodon.jp/2009-0829-2054-38/knob.jugem.jp/?eid=587

2009.09.04 Friday

スポンサーサイト

Filed under:
  • -
- スポンサードリンク @ 2009.09.04 Friday 12:34 Edit This


Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.このページの先頭へ