knob’s Diary

2009.09.04 Friday

スポンサーサイト

Filed under:
  • -
- スポンサードリンク @ 2009.09.04 Friday Edit This

一定期間更新がないため広告を表示しています


2009.08.29 Saturday

民主党政権の持続性

Filed under: - knob @ 2009.08.29 Saturday 20:40 Edit This

 民主党政権はどのくらい続くのか、ってことを考えた。こういうことをいう評論家が皆無なので、言われる前に当るかどうか書いておこっと(笑)。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

民主党は土壇場でマニフェストをコロコロと変えたのにも関わらず、それでも支持したということは「自民を意識して」判断したのでしょう。すなわちマスゴミと民主が延々と垂れ流し続けた「自民に対する民主」の結果であると knob は思います。そこには、尊敬と称賛はないし、「入れてやった」意識が有権者の意識の底に横たわってます。

もちろん政局を見るな!とは言わないけど、個人的には優先度としてとても低い。なぜかというと、小泉元首相の大衆扇動路線が成功してしまったことが、今の民主の大衆迎合の原動力でしょ?同時に大衆扇動路線が成功してしまったことは、国民が政治そのものへの関心がないことの証明。

そろそろ気づくべきと思うんですよね。個人個人が本気で国政というものを考えるということを。民主 vs 自民みたいな構図ではなくて、大事なのは普段から政治を見つめていくという姿勢だと思います。例えば、会社じゃしにくいだろうけど友人と政治の話をしたことありますか?ってことです。

で、民主政権の持続性ですけど、すげー短いか、すげー長いかのどちらかになると思う。なぜ「すげー」がつくのかというと、大勝する理由が以下2つの要素で固定されているから。これは、小泉長期政権の立ち位置と同じだと思います。

すげー=自民党ダメだ+期待感 (心の底から信ずる訳ではない、というのが重要)

●すげー長い時(任期満了)
個人的には、かなり厳しいと思うんですが、できたとしたら凄いことだと思います。正にマジック。マスゴミとのタイアップは絶対かかせないでしょう。

1. 選挙前と同じ、もしくは、それ以上のマスゴミ蜜月関係を維持。
→失策しても、マスゴミが国民の前に事実を晒さない関係の維持。
2. マスコミの前で財界・大企業にずばりモノを言う(今回、連合との付き合いはいいが財界が静観中)。
3. 消費税の件をうまくごまかす。
4. 新人をうまく使いこなす(実は一番心配)。
5. とにかく、死ぬ気で政治をがんばる(笑)←大変だけど、そうしないとホント殺されるよ。
6. 小沢さんが、とにかくバックアップする(良い悪いではなく)

●すげー短い(半年〜1年)
来年の9月に参議院選挙がありますが、そこでのダブル選挙になるんじゃないのかな、という考えがあります。つまり、民主党の機能は自民党を分裂させること、というストーリー。そして細川政権のように自然消滅していくのかな?と。民主党の対応が目先の短期的な対応が目立つのと、政策からして長期的な視点が見えないため。

1. 例のごとく、田中真紀子が大爆発する。
2. マスゴミとの蜜月関係が崩壊。
3. 不祥事が発覚(小沢さん、鳩山さん、その他の議員)
→特に鳩山さんについては、疑惑が宙に浮いている状態。
4. 財界が反旗を翻す。企業が国内から離脱する、或いは献金しない。
→連合が外国人派遣者を反対しているので、相反したものとなっている。

Web魚拓をば
http://s02.megalodon.jp/2009-0829-2057-16/knob.jugem.jp/?eid=588
 

2009.09.04 Friday

スポンサーサイト

Filed under:
  • -
- スポンサードリンク @ 2009.09.04 Friday 20:40 Edit This


コメント »

  1. 民主党の大衆扇動、政権奪取手法をとる体質は
    旧ドイツのナチスと似ている。小沢の志向でそうなのだろう

    Comment by Be — 2009/09/20 12:28 AM










この記事のトラックバックURL http://knob.jugem.jp/trackback/588

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.このページの先頭へ